BLOGブログ

医院や歯にまつわる情報を提供しています

グリシンまたはエリスリトールパウダーによるエアフローのクリーニングはデメリットを感じません

まずは動画をご覧ください。
気軽に「今日って空いてます~?歯石取ってほしいんですけど~・クリーニングして欲しいんですけど~」
みたいなお電話しばしばありますけど、
なぜ歯石がそこについたのか・なぜクリーニングをするのか・そのクリーニングのやり方は?
まで考えないでテキトーにやっていると口腔という内臓をむしろ傷める結果となります。

例えば
「歯石除去」って、歯ぐき腫れてるときにやると全身に細菌が侵入して菌血症になるって知ってました?
気軽に歯石除去って危ないんですよ。
そして、歯石除去を歯周病治療だと思っている方多いみたいですが、違います。
当院には、
歯石除去を何度繰り返しても歯は揺れ続けるし、ガリガリした後は歯ぐきからの出血が毎回ひどくて痛いしそのあと染みるし口臭もそのままだし
一向に歯周病が治らず、「これで良いのかな?」と悩んでお越しになる方が多いです。
かつてないほどガリガリされて、そのあと歯ぐき腫れて痛いし怖くなって来た、という方もいました。
バイオフィルム除去もされずに、揺れ動く歯を隣同士接着剤で固めているだけの状態を歯周病治療と思っている方もいました。

必要なことは、歯石除去ではなくバイオフィルム除去。
人にとって毒を出す細菌を物理的に洗い流します。
歯の見えているところだけでなく、歯肉の中も洗い流すことが重要です。

いまだにガリガリされている方がお気の毒ですが、日本ではまだガリガリが主流です。
残念ですが。

ガリガリの苦痛はなく、さらっと自然に歯周病が治り
口臭や口の中のねばねばや歯の色のくすみから解放されたい方はどうぞご相談下さい。

初診のご予約

ブログ一覧に戻る

CONTACTご予約・ご相談

栄養療法、歯を削らないスペシャリストの院長池村があなたの歯を丁寧に守ります。
まずはお気軽にご相談ください。

keyboard_arrow_up