電話する

地図

予約・問合せ

メニュー

歯科医師と患者さんの人間関係について

2022年8月1日

こんにちは。

削らない歯科医の池村です。

今日のタイトル、人間関係です。

歯科医師と患者さんも人間関係です。

結論から言うと、わがままや無茶な要求をする患者さんは良い結果が出ません。

遅刻をする患者さん・リスケが多い患者さんも良い結果は出ないでしょう。

 

当院だけでなくほとんどのクリニックは患者さんが良くなるための提案をします。(「良くなる」の定義はさておいて)

テキトーな処置をしても良い結果が出ませんから。

また一生懸命患者さんをよくしようとする先生ほど、「一口腔単位の治療」を意識するのでバラ売りはしません。中途半端にいじればいじるほどおかしくなるのがわかっているのです。

歯は右がおかしくなれば左もおかしくなるし逆もまたそう。

だから患者さん的には「ここだけ悪い」と思っていても実は全体的におかしくなっていることも多いのです。

それを、「この治療だけやってほしい」「それはヤダ」「とれたのだけつけて」

と治る見込みのないことを要求されるのは真面目にやっている歯科医師にとっては屈辱的なことです。(逆に、断片的な治療の依頼を「はいはーい」と請け負う歯科医はヤブかもしれませんよ)

また、遅刻やリスケが多い方は、治療が予定通りにいかないので、クオリティが下がります。

遅刻やリスケが多いのに、さらに「〇〇までには海外に行かないといけない・引っ越しで他県に行く」

や、急にきて「次の仕事があるから45分で終わらせてほしい」

などタイムリミットが決まっていて急かす患者さんはさらにクオリティが下がります。

また、ご相談のアポを取っていないのに思い付きで突然先生を訪ねて面会を求める患者さんもいらっしゃいます。今あなたに時間があったとしても先生は時間があるでしょうか?

 

真面目な歯科医師は結果にコミットしているので、クオリティが下がる状態で仕事をするのが嫌です。

つまり、「この患者さんヤダな」と思います。

思いながらも前面にはだせないので、渋々治療を続けていきますが、患者さんのご希望により必要なことをむりやり省略したりやっていなかったりすると必ずトラブルが起きるのです。

また、他に良い治療法があっても、トラブルを避けるために提案しなくなります。

場合によっては「もうこの治療法しかないです!」と歯を削られたり抜かれたりする可能性も高まります。

 

もちろん、患者さん側にも色々ご都合はあると思います。

しかし、歯科医師も意思がある人間なのです。人間関係が良好でないと、お互い不幸な結果が出がちです。

治療法に納得いかない・もっと詳しく知りたい場合はお金を払ってカウンセリングの時間を取ってもらいましょう。

1回に45分しか取れないのならばもっと頻繁に来院はできないでしょうか?

急にいらっしゃる前に「行きたい」とご連絡を頂くことは難しいでしょうか?カルテチェックや準備をしないといけません。

お越しになれない場合は前もってご連絡を頂くことは難しい事でしょうか?あなたのための準備が無駄になりますし、その時間に他のお困りの方をご案内できたはずです。

ご予約の際に「次回は2時間かかりますよ」とお伝えしているのですが、当日に「1時間で出たい」というのはご予約の時にはわからなかったでしょうか?

旅立つ時期が決まっているなら、通院開始をもっと早めることはできないでしょうか?

あなたの治療の為に歯科医院は道具を用意してあなたの時間を確保して待っています。1時間かかるとお時間を確保しているのにお見えになるのが15分過ぎだと、治療は急がないといけません。そこはクオリティが下がります。

また、歯科治療は区切りの良いところで終わらないといけないので、遅れて来ると確保していた時間からはみ出してしまい、時間通りにいらして下さる方のお時間を圧迫してしまうこともあります。

 

もしあなたが「あの歯医者はとんでもなかった!恨んでる!」

と思っている歯科医院があったとして、(もちろん「やべーな!」という歯科医院もたくさんありますが)もし可能であれば上記をしていないか思い返してみて下さい。

上記のような患者さんは、池村は本当にやりにくいと思っています。

最近はオンラインにて初診カウンセリングを行い、当院の方針を理解していただいてからの来院になるので以前ほどはやりにくいなあと思う患者さんはおこしになりませんが。

これを読んで、人間関係がうまくいっている、お互いを大切に思いあっている患者さんは「そりゃそうだ」とおっしゃって下さるでしょうし、そうでもない患者さんは「勝手なことばっかり並べやがって」と思うのかなあ。

最近、トラブル防止のために人間関係がどうも…と思う方は治療をお断りしようかなと思うようになってきました。

当院で必須のバイオフィルム除去や検査を嫌がる方はどんな治療も責任が持てないので。

口腔は内臓です。

内臓に触るということは、あまねく外科処置です。歯科治療はすべてオペですよ。

オペは準備万端で行わないといけません。

準備万端にできない場合は危険ですので行わないのが吉だと思っています。

The following two tabs change content below.

池村 和歌子

神田で歯医者さんやってます。 なぜ神田?それは日本を支えている今働いている人たちの歯が大変なことになっているから。 働く人の健康を守ることが国力向上!と思っているので神田で歯医者さんやってます。予約・お問い合わせはこちら→予約・お問い合わせ
インターネット予約

▲来院のご予約をインターネット上からできます。

<< 前のページに戻る

診療スケジュール

当院へのお電話からの問い合わせは0355775190へ

休診日 / 日曜・祝日
土曜日は院長不在。
初診ご希望の方はオンライン診断をご利用ください。
ご予約・お問い合わせはこちら
神田中央通りいけむら歯科の外観
フッターオファー
© 2022 神田中央通りいけむら歯科